NPO 岩手県不動産コンサルティング協会

★不動産コンサルティングとは・・・

■不動産コンサルティング業務とは■

●不動産コンサルティングの定義
不動産コンサルティングとは、不動産に関する専門家としての知識や経験を活かし、公平かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営、投資等について、依頼者が最善の選択や意思決定を行えるよう助言しあるいは提言することをいいます。

●日本の国が、成熟社会となるにつれて、土地・建物に対する欲求が多様化して来ました。そこでは、いままでのように単なる売買・賃貸・仲介というような行為に収まらず、より安全で快適な物件(まちづくり、環境、福祉等)を求め、また、不動産の収益性に着目した投資(不動産の証券化)も考えられるようになってきました。

●不動産コンサルティング業務は、その領域が多岐にわたるので、かかわる案件も他の専門家との連携なしにはなかなか解決できません。弁護士・司法書士、会計士・税理士・不動産鑑定士、建築士、測量士・土地家屋調査士、銀行マン・フィナンシャルプランナー等の協力を得て、依頼者が満足できる解決策を提言いたします。

■コンサルティングの流れ■

コンサルティングとは、もともと「相談すること」「診察すること」という意味であり、依頼者からコンサルタントに対して、かかえている問題の解決を依頼することから始まります。

 分野により、医療コンサルタント、経営コンサルタント、その他何々コンサルタントと業種の名称を付けるだけのコンサルタントの数があります。

 不動産コンサルティングは、国土交通大臣認定の不動産の専門知識を有するプロに、一般のお客様が相談することが流れの最初です。

ここでは、フローに沿って解説してみます。

■フローへ進む

▲トップページ

opyright (C) 2009- Association Iwateken Real Estate Consulting. All Rights Reserved.